骨粗鬆症をしっかり治療|カスカスな骨を強く逞しく!

看護師

在宅医療というスタイル

病院

高齢化の進行から、病院の診察スタイルも色々と変化してきました。世田谷の人に今選ばれているのが在宅医療です。世田谷の在宅医療ではお家で診察や治療を受ける事ができるため、安心です。

View Detail

怖い病気を予防する

3人の看護師

日本人の死因ナンバー1はがんです。そんながんの中で発症率が二番目に多いのが胃がんです。もし胃がんになると様々な症状が出てきますが、それは進行がすすんだ状態かもしれません。定期的に健康診断を受けましょう。

View Detail

がんという病気

病院

がんになると色々な治療をしなければいけません。放射線治療や摘出手術、抗癌剤治療などがあります。それらは患者の体にかかるストレスが大きいと言われていました。免疫細胞療法は負担が少なく他の治療と合わせることで大きな力を発揮します。

View Detail

骨がカスカスに

シニア夫婦

加齢とともに人は様々な病気のリスクが高まります。そらは、免疫力の低下や体の様々な器官の衰えが原因であると言われています。また骨も弱くなるため骨折なども増えると言われています。その中で、骨粗鬆症と言われる病気があります。骨粗鬆症は、骨がカスカスになる病気で少しの衝撃で骨折することもあります。もし骨粗鬆症と診断されたら、医師と相談して今後の治療の計画を立てる必要があります。カルシウムを効率よく摂取することも重要です。骨粗鬆症は、骨の再生が間に合っていない状況なので常にカルシウムを骨に送り込むことでその再生の手助けをすることが出来るのです。また、骨に軽い刺激を与える事も重要です。骨折した時に折れた箇所が太くなっているのは次は折れない様に骨が強く再生した結果です。なので骨に与える軽い刺激は必要だと言えるのです。軽い散歩をしてみたり、水泳などで刺激を与えたりしてみても良いかもしれません。もし骨粗鬆症が発症しても、お医者さんとともにまた元の生活を送ることが出来る様に治療しましょう。

現代人は様々な病気のリスクと闘っています。食べ物も豊富にあり、生活は豊かになりましたがその分生活習慣病などの昔は稀だった病気を発症する人が数多くいるのです。こういった病気のリスクを減らしていくためにも、毎日の食生活や運動習慣、生活習慣を見直していくことが重要だと言えるのです。そして早期発見を心がけて定期的な健康診断を受けましょう。